Contact Info

  • aniuma OÜ Harju maakond, Tallinn, Lasnamäe linnaosa, Sepapaja tn 6, 15551

エストニア法人で法人登記するためにe-Residentに申し込みしました

日本での法人化を考えていたのですが、2020年に世界中を旅して働くために家を解約するので「代表の住所とか本社所在地とかコロコロ変わるかも…そしたら都度数万円払うの大変」という悩みと、なんかワクワクするという理由でエストニア法人を設立することに決めました。 そこにいたるまでエストニアのe-Residentに関しては、夫婦にオランダに移住したデザイナーの チャリときどき鴨さんの話や Nulab の橋本さんがエストニア視察に行ったことで頭の片隅にはありまして、最終的には メルカリのテックリードを務める ゆうたろうの助言もあって「ワクワクして楽しそうなモノを選ぶ」という理由と自分の人生における哲学的な部分も共鳴するなと思って決めました。 ここまで調べたことを箇条書きにしてまとめることと、振り返った時に何を見たかも一緒にまとめるためにこのポストを書いています。

エストニア法人を設立する上で調べたこと

  • エストニア法人はユーロ圏にお客様がいると有利な時がある
  • エストニア国外に住みながら経営する場合、所得税が課税されない
  • 配当する場合は20%の法人税がかかるが、内部留保している限り課税されない
  • エストニア口座と連携するためエストニアの銀行口座が必須
  • 日本での税申告は外資系企業としておこなう
  • クライアントに海外送金をおこなってもらう必要あり
  • まずはe-Residentに申し込む
ざっくりこんなところです。ここからは実際に進めながら調べてやっていこうと思います。 また先日イベント登壇のために行った長崎のHafHで知り合った、定住先を持たずに世界を旅するデジタルノマドなドイツ人 ジョナスも市民権はドイツにあるけどエストニア法人で会社を設立していると言っていました。確定申告でバタバタしている僕に「申告もオンラインで終わるし簡潔だからすぐ終わったよ」と涼し気な顔で言っていたのを思い出します。
https://hafh.com/topic/topic-22/?lang=jp&fbclid=IwAR07nwKa6H1r7PjG3anH6-VNoR6N24fjQjshY33Q6DuaOQq0v5xFVkLRJLU
その時のイベントはこんな感じでノマドな人にあれこれ聞く会でした

エストニア法人を作る次のステップ

「e-Residentになってエストニア法人を作る!」と決めたのであとは順を追ってやっていくだけなのですが、簡単にステップを紹介します。
e-Residentを申し込んだあとのスケジュール
What is e-Residency | How to Start an EU Company Online こちらの公式サイトから申し込みをしてクレジットカード (Visa / Master card) で100€を決済し、審査のために4~5週間は待つみたいです。その後にカードを作成して受け取る場所まで発送するのに2~5週間。届いたら日本のエストニア大使館まで取りに行って、そこから銀行口座の設立と法人登記をする必要があります。日本での受け取りには別途 手数料として30€必要でした。 それまでに調べておくタスクは“外資系企業の税務関係 (消費税とか控除とか)”“海外送金をどうやっておこなうか” です。詳しい方がいたらご連絡いただけると嬉しいですー!

参考URL

https://e-resident.gov.ee/
e-Residencyの申込みができる公式サイト
https://estlynx.com/
e-Residency 政府公認パートナーの EstLynx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です