Contact Info

  • aniuma OÜ Harju maakond, Tallinn, Lasnamäe linnaosa, Sepapaja tn 6, 15551

CSS3の擬似クラス [ :nth-child ] と [ :nth-of-type ] の違いと参考の記事まとめ

「○○個めのliには別のスタイルをあてたい」や「奇数の要素の背景色を変えたい」といった時は擬似クラスの:nth-child や :nth-of-type を使って解決します。

:nth-child と :nth-of-type の違い

:nth-child と :nth-of-type の違いは要素 (セレクター) が同じかどうかです。:nth-child の場合はdivやpのように違う要素でも数に数えますが、 :nth-of-type の場合は div や p などの要素と一緒にし異なった要素は数えません。 後述のようなHTMLがあった場合、 .p-01 にスタイルを指定したい時の記述の違いをみていきましょう。
<div class="sample">
    <div>
        div-01
    </div>
    <div>
        div-02
    </div>
    <p>
        p-01
    </p>
    <p>
        p-02
    </p>
    <div>
        div-03
    </div>
    <p>
        p-03
    </p>
    <div>
        div-04
    </div>
</div>
.sample :nth-child(3) {
    background-color: red;
}
.sample p:nth-of-type(1) {
    background-color: red;
}
このように:nth-child , :nth-of-child ではそれぞれの記述のルールがあり、同じ要素にスタイルをあてたくても違った書き方となります。 また.sampleの中の1つ目のp要素にスタイルをあてるために p:first-childと指定しても、.sampleの中にある1つ目の小要素はpではなくdivなためこの記述も無視されます。

参考の記事

oddやevenを利用して奇数偶数の指定や、3n(3の倍数)、-n+5(最初から五番目まで)、n+6 (六番目以降)などといった指定も可能です。 詳しくは疑似クラス :nth-child t :nth-of-child が詳しく書いてある記事を見てみましょう。
https://coliss.com/articles/build-websites/operation/css/nth-child-vs-nth-of-type.html
https://tech.qookie.jp/posts/css-nth-child-style/
https://wp-p.info/tpl_rep.php?cat=css-intermediate&fl=r3
https://wp-e.org/2014/05/20/2420/
https://qiita.com/nabe_kurage/items/c0ec708f4ad15fac62ae